仏事の用語集

GLOSSARY

合掌 (がっしょう)

古くからインドで行われた礼法です。

仏教徒が、顔や胸の前で左右の手のひらと指をそろえて合せ,礼拝すること。現在でもインドおよび東南アジアの人々は互いに合掌して敬礼します。

手は仏の象徴で、清らかなものや知恵を表します。

左手は衆生、つまり自分自身であり、不浄さを持ってはいるが行動力の象徴です。

両手を合わせることにより、仏と一体になることや仏への帰依を示すとされます。

他人に向かって合掌をすることは、その者への深い尊敬の念を表します。