お墓の用語集

GLOSSARY

古墳 (こふん)

土を高く盛り上げた墳丘を持つ有力者の墓。

日本史では一般に、3世紀半ばから7世紀代にかけて日本で築造された墓を指します。

弥生時代の墓は「墳丘墓」、奈良時代の墓は「墳墓」と呼び区別されます。

墳丘をもつ墓は弥生時代にさかのぼることが判明したため、前方後円墳出現以降のものを古墳とよぶ。

平面形により、円墳・方墳・前方後円墳・前方後方墳・双方中円墳・上円下方墳と呼んで区別します。