仏事の用語集

GLOSSARY

危篤時遺言 (きとくじゆいごん)

死期が迫った状態のときに残される遺言のことです。

3人以上の証人が必要など、遺言として認められるために一定の条件を満たさなければなりません。

遺言の筆記が必要で、録音で残したものなどは法的に無効です。

また、遺言から20日以内に家庭裁判所に遺言確認のための審判の申し立てをして確認をしてもらわなければ効力が発生しません。

遺言を残した本人が危篤状態から回復した場合、危篤時遺言は6カ月を過ぎると無効となります。