お墓の用語集

GLOSSARY

割石地業 (わりいしじぎょう)

自然にあるままの石ではなく、ある大きさに割って使う石のこと。

割石は20~30センチの大きさに割った石で、15センチ程度の石は栗石(ぐりいし)とか栗(ぐり)とよび、握り拳くらい以下の大きさは、割石とは言わずに、砕石といいます。

握り拳くらいの割石を敷き並べて、目潰しをいれて転圧してつくった地盤を、割石地業とよびます。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む