お墓の用語集

GLOSSARY

割栗石 (わりぐりいし)

栗石は、<グリ>とも呼び、直径が15センチ内外の河原で取れる、丸みをもった石のことで、そのままを野面とよび、栗石を割ったものを割栗石といいます。

割栗石は地盤に敷いて、建物の基礎の一部としたりします。

割栗地業とは、割栗石を小端立てにして上下を楔状に交互に敷きこみ、目潰しや上端均しのために切り込み砂利を用いて突き固めるものをいいます。

またその効果を十分発揮するためには必ず目潰しの砂をまき、空隙をなくして行かなければなりません。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む