仏事の用語集

GLOSSARY

初七日忌 (しょなのか)

人の死亡後の7日目をいい,仏教ではこの日に法要を営み、初七日法要とも呼ばれています。

49日までの間の7日ごとの法要を中陰法要といいます。

初七日は、亡くなってから7日目に行う法要ですが、葬儀と別に行うと遺族や参列者の負担が大きくなるので、最近では葬儀当日の告別式の後に行うことが多くなっています。

これを「繰上初七日」や「式中初七日」と呼びます。