仏事の用語集

GLOSSARY

六道 (ろくどう・りくどう)

仏教において迷いあるものが輪廻するという、6種類の迷いある世界のことです。

天道(てんどう、天上道、天界道とも)は、人間の世界より苦が少なく楽の多い世界のことです。

人間道(にんげんどう)は、生病老死の四苦八苦がある世界のことです。

修羅道(しゅらどう)は、独善的な世界。

怒りに我を忘れ戦いを繰り返す世界。

欲望を抑えることが出来ない世界のことです。

畜生道(ちくしょうどう)は、弱肉強食が繰り返され、互いに殺傷しあう世界。

人を蹴落としてでも、自分だけ抜け出そうとする世界のことです。

餓鬼道(がきどう)は、嫉妬深さ、物惜しみ、欲望の塊の世界。

この世界から抜け出るため、さらに無理を重ねる世界のことです。

地獄道(じごくどう)は、さまざまな苦しみを受ける世界。六つのうち最も苦しみの多い世界のことです。

輪廻とは、無限に生死をくり返すことで輪回とも書き、六道輪廻とか六道四生ともいいます。

苦しむ人達を救うため、観音様とお地蔵様は六観音、六地蔵として人々を救います。

特に、お地蔵様は六道能化ろくどうのうけと呼ばれ、休む暇もなく六道を巡り人々をお救いして頂けます。