仏事の用語集

GLOSSARY

六道輪廻 (ろくどうりんね)

この世で生きている全てのものが六道の世界で生と死を繰り返すことです。

「六道」は死んだ後に行く世界のことで、生きている時の行いの善悪によって、死後に生まれ変わる世界が決まり、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六つがあります。