仏事の用語集

GLOSSARY

六親等 (ろくしんとう)

親等の一つで、「六等親」とも呼ばれます。

親子の関係が一親等で、そこから世代が離れるほど、親等数が大きくなりますが、本人および配偶者から六世を隔てた関係にある者です。

また、いとこ(又従兄弟)などとの関係をいい、六親等以内の血族は「親族」と呼ばれます。

親族のなかでも、配偶者の血族や自分の血族の配偶者による三親等内までのことを、別に「姻族」(いんぞく)と呼びます。

民間の霊園などでは、仮に直系の継承者がいない場合でも、再従兄弟(はとこ)まではお墓を継承する事が可能としているところが多い。