仏事の用語集

GLOSSARY

供物 (くもつ)

神や仏あるいは先祖や故人の霊などに捧げる飲食物その他の物品をいいます。

神前に供えるものを,神供 (じんく) または神饌といい,仏前に供えるものを供養物といいます。

前者は,生産し,あるいは採取したものを神に供え,神人共食するところに意義をもつもので,本来は煮焼した熟饌を主としたが,今日では一定の形式をもつようになり,生饌を主とするようになってきています。

仏式の法要における供物としては、線香、ろうそくや果物、菓子などが主に選ばれ、肉や魚によるものは避けます。