仏事の用語集

GLOSSARY

中陰法要 (ちゅういんほうよう)

大乗仏教で行われる法要の一つで、死後7週間(49日間)供養することで、極楽に無事往生できることを願い7日毎に行う追善供養のことです。

最初の七日目を初七日、次の七日目を二七日、以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日となり、七七日(四十九日)を「忌明け」といい、満中陰、尽中陰、忌明(きめい)ともいわれます。