仏事の用語集

GLOSSARY

中元 (ちゅうげん)

道教に由来する年中行事で、三元(上元・中元・下元)の一つです。

地官大帝の誕生日であり、さまざまな罪が赦される贖罪の行事が催されます。

また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるように行事が催されます。

日本では新暦の7月15日または8月15日に行われて、お世話になった人々に贈り物をする習慣を特にお中元とも呼ばれる様になった。

お中元の時期は、東日本では7月15日、西日本〔関西〕では8月15日が多いが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を「月遅れ」と呼びます。