仏事の用語集

GLOSSARY

三回忌 (さんかいき)

三回忌とは亡くなってから満2年(亡くなった翌々年)に行う法要で一周忌 の後に行います。

特に三回忌からは回忌という数え方をすることが一般的です。

数え方は○回忌=満(○ー1)年です。

三回忌(3回忌)が、亡くなってから3年目でなく2年目に行う理由は、亡くなった日を最初の忌日として数えるためです。

つまり、

・亡くなった年=お葬式

・翌年=一周忌

・翌々年=三回忌(三周忌)

と3年連続して、法要が続くことになります。

また、時代の変化もあり、ごく家族だけで行う場合や、法会を行わない場合も増えてきています。

神道の神葬祭では回忌ではなく年祭(または式年祭)といい、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、以降5年毎に行います。