仏事の用語集

GLOSSARY

三具足 (みつぐそく・さんぐそく)

三具足とは、法要などで仏前を飾る(荘厳する:しょうごんする)基本的な道具の呼称の一つです。

具足は道具のことです。

本尊に向かって左側に花立、真ん中に香炉、右側に燭台を置きます。

五具足の場合は、香炉を中心にその両外側に燭台、更に両外側に花立てを配します。