仏事の用語集

GLOSSARY

くりだし位牌 (くりだしいはい)

位牌は故人の戒名を掘ったものですから基本的には故人1人につき1柱作るものですが、位牌の数が増えてくると、仏壇を置かない家が増えてきた現代においてはスペースに限りがあり、増えた位牌をまとめたいという需要が出てきました。

そうした時代の流れによってできたのが繰出位牌(回出位牌)です。

「くりだしいはい」は漢字としては回出位牌は、回出位牌または”繰出し位牌”とも表記し、発音は”くりだしいはい”です。

複数の位牌を1つの位牌容器に収納した物を言います。

一般的には8〜10枚の位牌を収納でき、お仏壇に入りきらなくなったお位牌をまとめる事が出来ます。