Warning: Use of undefined constant 仏事の用語集 - assumed '仏事の用語集' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kashiko/kashiko-ohaka.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/kashiko/functions.php on line 554

仏事の用語集

GLOSSARY

お膳料 (おぜんりょう)

お膳に代えてという意味合いがあり、葬儀や法事などの際に行われる会食(食事)に、僧侶の方などが参席されなかった場合に「御膳料」(お食事代)としてお包します。

また、会食を省略した場合などにもお渡しします。

会食に参加された場合は必要ありません。

金額は地域や、自宅か葬儀場かホテルかなど、会場によっても異なりますが、御膳料と御車料を合わせて5千円~1万円くらいの金額が多いようです。

御車料は移動費ですから、遠方からいらっしゃっている場合は、多目につつまれます。

市販の水引が印刷された不祝儀袋を使用する場合。

表書きには、「御膳料・○○家」または「御膳料・○○○○(フルネーム)」といったようにします。

薄墨ではなく、普通の墨で書きます。

中袋にお金を入れますので、糊付けはしなくてもいいですが、糊付けをする場合は〆を書きます。

中袋には、金額、住所、氏名を、書いておきます。

白封筒使用の場合は、糊付けをして〆を書きます。

表書きに「○○家」と書いた場合は、裏に金額、住所、氏名を書いておきます。

中包みを入れた場合は、そこに金額、住所、氏名を書いておきます。

葬儀や法事などで僧侶の読経が終わり、帰られる際に、お布施と共にお渡しします。

直接手渡しをせず、小さなお盆にのせて、僧侶から見て正面になるようにしてお渡しします。お盆やふくさがない場合は、ハンカチや風呂敷を代用してもかまいません。

僧侶にお渡しする際には、挨拶やお礼など、一言添えるようにしましょう